【札幌記念2019予想】札幌の馬場傾向は?先週の芝レースの脚質別・枠順別成績

札幌競馬は今週で開幕4週目。現在大型の台風10号が接近しており、札幌も金・土は台風の影響で雨予報となっております。雨量がどの程度になるのかまだ分かりませんが、当日の馬場状態が気になるところです。ということで、今回注目したいのは札幌芝コースの馬場コンディションです。

今回は、開幕2週目の3日(土)と4日(日)、および3週目の10日(土)と11日(日)で行われた札幌の芝レース全てを対象に、傾向を分析してみたいと思います。

■「先行馬」が好成績

2週目の脚質データを見てみますと、「先行馬」が最多の5勝を挙げており、連対数・3着内の回数も最多です。好走率ベースでは、頻度の少ない「マクリ」を除けば、「逃げ馬」が勝率(20%)と連対率(20%)がトップで、「先行馬」が複勝率(46.8%)でトップとなっております。馬場の状態も良く、前で競馬ができる馬の好走が目立っております。

先週(開催3週目)の脚質データを見てみますと、やはり勝利数が高いのは「先行馬」で、最多の11勝を挙げ、連対数・3着内の回数も最多です。好走率ベースにおいても、勝率(23.6%)と連対率(32.7%)がトップです。複勝率(47.3%)も頻度の少ない「マクリ」を除けばトップです。

「差し」は馬券には絡んでおりますが、勝ちきれず2・3着までとなっております。開催2週目は差し馬も勝っておりましたが、先週は「差し・追い込み・マクリ」は0勝でした。札幌記念の過去10年のデータ・傾向を見ても、先行馬が好成績を挙げておりますので、先週の馬場とレース傾向から、先行馬は引き続き注視する必要があります。

開幕2週目(8/3~8/4)

脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ30210
先行510725
差し43240
追い込み10252
マクリ1113

開幕3週目(8/10~8/11)

脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ21113
先行135829
差し07356
追い込み01151
マクリ0121

■「1枠」の勝率低めも、内外の有利不利は比較的少なめ

開幕2週前のデータを見てみますと、「7枠」が最多の5勝を挙げており、連対数も最多です。また、好走率ベースでは、勝率(20%)と連対率(24%)でトップです。3着内の回数は「5枠」が最多で、複勝率(40.9%)がトップとなっております。外枠がやや優勢で、勝率・連対率においてはとくに外枠の方が好成績を挙げておりました。

先週(開幕3週目)の枠番データを見てみますと、「3枠」が勝利数と連対数が最多で、勝率(16.7%)と複勝率(33.3%)がトップとなっております。「7・8枠」も好走しており、内外の有利不利は少なめです。

気になるのは「1枠」が0勝と不振なところでしょうか。開幕2週目でも3着の回数は多いのですが、勝利は1回のみで2着も0回と連対数は少ないです。とくに勝利における信頼度は低く、データ的には最内枠は割引材料となりそうです。

ただ、札幌記念の過去10年のデータ・傾向では「1枠」を含めて内枠の成績が良いです。先週の枠番の傾向を見ても1枠以外の内枠の成績は良いので、内枠自体は好材料として捉えたいと思います。

開幕2週目(8/3~8/4)

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠10511
2枠12212
3枠00018
4枠13216
5枠23413
6枠23019
7枠51118
8枠22024

開幕3週目(8/10~8/11)

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠03212
2枠13111
3枠41316
4枠22119
5枠10124
6枠22123
7枠22323
8枠32322

これまで比較的良馬場で開催できていた札幌競馬ですが、今週は木~土あたりが雨の予報となっておりますので、先週・先々週とはまた違った馬場傾向となる可能性も高そうです。札幌記念の最終的な馬券は、当日の馬場状態を見てから決めたいと思います。