皐月賞(2018)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

4戦4勝の絶対的な優勝候補・ダノンプレミアムの回避により今年の皐月賞は一気に混戦ムード。去年は9番人気のアルアイン、一昨年は8番人気のディーマジェスティが優勝するなど伏兵馬の台頭も多いレースだけに、波乱となる可能性も少なくなさそうです。

今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心に皐月賞の傾向を探っていきたいと思います。

■「6~9番人気」の「中穴」に注意

人気データ
人気成績
1番人気2-2-2-4
2番人気1-3-0-6
3番人気2-1-2-5
4番人気2-1-2-5
5番人気0-0-0-10
6番人気0-2-0-8
7番人気1-0-0-9
8番人気1-1-2-6
9番人気1-0-0-9
10番人気0-0-0-10
11番人気0-0-1-9
12番人気0-0-1-9
13番人気0-0-0-10
14番人気0-0-0-10
15番人気0-0-0-10
16番人気0-0-0-9
17番人気0-0-0-9
18番人気0-0-0-9
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-0-1
2.0~2.9倍1-1-1-2
3.0~3.9倍1-5-1-2
4.0~4.9倍1-0-1-0
5.0~6.9倍2-0-1-6
7.0~9.9倍1-1-1-9
10.0~14.9倍1-1-0-9
15.0~19.9倍1-1-1-12
20.0~29.9倍1-0-2-14
30.0~49.9倍1-0-1-25
50.0~99.9倍0-1-1-28
100.0倍以上0-0-0-39
馬単/三連単データ
馬単三連単
200820,300円82,750円
200918,390円390,930円
20101,920円35,220円
20113,740円55,450円
20123,190円12,620円
20131,750円5,920円
20141,900円33,490円
20151,530円12,360円
201617,680円70,390円
201720,720円1,064,360円

人気データでは2勝以上あげた人気馬はおらず、人気上位の勝率もそこまで高いというわけではありません。10番人気以下は「0-0-2-85」と極端な人気薄の好走は少ないですが、6~9番人気は「3-3-2-32」と2割の確率で馬券に絡んできており、中穴どころの好走が目立ちます。

【該当馬】6~9番人気馬(下記「人気オッズ」を参考):
タイムフライヤー
エポカドーロ
ジェネラーレウーノ

予想オッズ

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ワグネリアン2.6
2ステルヴィオ2.9
3ジャンダルム6.7
4オウケンムーン8.2
5キタノコマンドール9.7
6タイムフライヤー11.4
7エポカドーロ13.5
8ジェネラーレウーノ18.6
9グレイル25.3
10サンリヴァル38.1
11ケイティクレバー58.3
12ダブルシャープ87.8
13アイトーン121.3
14マイネルファンロン152.5
15ジュンヴァルロ216.7
16スリーヘリオス281.1

上記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

■「外枠」&「差し」が好走傾向に

枠番データ
枠番成績
1枠1-1-0-15
2枠1-2-0-15
3枠1-1-1-15
4枠1-1-1-15
5枠0-1-2-15
6枠1-0-3-14
7枠2-1-1-22
8枠2-2-1-21
脚質データ
脚質成績
逃げ1-0-1-10
先行1-3-3-24
差し7-3-4-60
追い込み0-3-1-38
マクリ0-0-0-0

※上記「枠番データ」&「脚質データ」は、東京競馬場で開催された2011年を除いた過去9回のデータとなります。

コースは中山競馬場の芝2000m。一般的に内枠が有利に思われがちですが、勝率ベースで見ると外枠の7,8枠が優秀です。また、複勝ベースで見ても6枠がトップとなっており、意外にも「外枠」の好走が多い傾向となっております。

脚質は7勝をあげている「差し」が圧倒的。複勝率では先行馬の成績が良いことからも、基本的には前が有利となりますが、中団までなら差し切れます。

【該当馬】差しタイプ:
ワグネリアン
ステルヴィオ
キタノコマンドール
タイムフライヤー
グレイル
ダブルシャープ

■馬体重は「-3kg~+3kg」が好走傾向に。「馬体重増」の馬は割り引き

馬体重増減データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg1-1-1-7
-9~-4kg3-6-3-58
-3~+3kg6-3-3-62
+4~+9kg0-0-3-18
+10~+19kg0-0-0-2
+20kg~0-0-0-0
今回減6-8-6-81
同体重4-1-1-27
今回増0-1-3-39

馬体重は最多の6勝をあげている「-3kg~+3kg」が好走傾向に。馬体重が増えていた馬による勝ちはゼロ。勝ち馬は全て「同体重」が「馬体重が減っていた」馬でした。

■前走が「共同通信杯」だった馬に注目

前走データ
前走成績
共同通信杯(G3)4-0-1-5
スプリングS(G2)3-1-2-42
弥生賞(G2)2-5-4-33
毎日杯(G3)1-0-0-12
アーリントンC(G3)0-1-0-3
きさらぎ賞(G3)0-0-1-8
京成杯(G3)0-0-1-3
すみれS(OP)0-0-0-7
ホープフルS(G2)0-0-0-1
シンザン記念(G3)0-0-0-3
前走クラスデータ
前走成績
500万下0-0-0-6
オープン特別0-3-1-26
G35-1-3-38
G25-6-6-77
G10-0-0-0
海外0-0-0-0
地方0-0-0-0
前走着順データ
前走着順成績
1着8-5-4-50
2着1-3-2-26
3着0-1-2-19
4着1-1-0-8
5着0-0-0-5
6~9着0-0-2-23
10着以下0-0-0-16

前走は3歳クラシックの登竜門としても有名な「共同通信杯」がステップレースを差し置いて最多の4勝をあげており好成績。

前走着順は「1着馬」が最多の8勝をあげており圧倒的です。5着以下だった馬は「0-0-2-44」で連対馬はゼロとなっており割り引き。

【該当馬】前走が共同通信杯だった馬:
オウケンムーン(1着)
グレイル(7着)

■騎手は「岩田康誠」に注目

騎手データ
騎手成績
岩田康誠2-1-1-4
M.デムーロ2-1-0-2
蛯名正義2-0-0-6
川田将雅1-2-0-4
内田博幸1-0-2-5
池添謙一1-0-0-4
松山弘平1-0-0-0
福永祐一0-3-0-6
柴田善臣0-1-0-4
武豊0-0-2-6
横山典弘0-0-1-9

騎手は最多の2勝をあげ、馬券圏内の頭数が一番多い「岩田康誠」に注目。

【該当馬】岩田康誠騎手の騎乗予定馬:
グレイル