サンデーサイレンス 一覧

中央開催の重賞勝ち馬がついに100頭突破!父超えなるか、ディープインパクト

中央開催の重賞勝ち馬がついに100頭突破!父超えなるか、ディープインパクト

JRAの重賞競走と言えば出走するだけでも大変であり、当たり前にできることではありませんが、現在日本の大種牡馬として君臨し続けているディープイ...

記事を読む

ステイゴールド、父サンデーサイレンスを超える記録達成

ステイゴールド、父サンデーサイレンスを超える記録達成

今年の春の天皇賞馬レインボーラインはステイゴールド産駒らしい成長力でG1初制覇を果たしましたが、これからといったところで故障引退となってしま...

記事を読む

5歳でスタッドイン、現在問い合わせ殺到中の種牡馬とは?

5歳でスタッドイン、現在問い合わせ殺到中の種牡馬とは?

海外の牡馬はクラシックで活躍すると古馬になる前にスパッと引退し、種牡馬入りするようなケースも珍しくありませんが、日本においてはクラシックホー...

記事を読む

新種牡馬ドレフォン、2大血統全盛に風穴を開けられるか?

新種牡馬ドレフォン、2大血統全盛に風穴を開けられるか?

日本競馬界の第一人者と言えば、個人の名前ではなくなってしまいますが社台・ノーザンファームの吉田一族が生産面でもビジネス面でも第一線に立ち切り...

記事を読む

サンデーサイレンス産駒唯一の現役馬、ビュレットライナーが16歳で引退

サンデーサイレンス産駒唯一の現役馬、ビュレットライナーが16歳で引退

世紀の大種牡馬サンデーサイレンスを父に持つ明け16歳のビュレットライナー(岩手・佐藤雅彦厩舎)が、1月3日の水沢2R(C2十五組・1300m...

記事を読む

岩手の長老は"あの名馬"と同い年

岩手の長老は"あの名馬"と同い年

長老ということばがあります。人間に使うことばだと思っていましたが、どうやら馬にも使うことがあるようです。今日はそんなお話。 14歳馬と...

記事を読む

南米でもサンデーサイレンス!デビュー戦で16馬身ちぎったG1馬とは?

南米でもサンデーサイレンス!デビュー戦で16馬身ちぎったG1馬とは?

ナリタブライアンを輩出したブライアンズタイム。ディープインパクトなどを輩出したサンデーサイレンス。もとをたどれば「ヘイルトゥリーズン系」に入...

記事を読む

生産牧場一強時代に思うこと

生産牧場一強時代に思うこと

今の競馬界は明らかな「一強ムード」。これに異を唱える競馬ファンはいないはずだ。どのレースの生産者名を見ても、必ずといっていいほど社台系の名前...

記事を読む

勝つにはサンデーサイレンスの血が必須?リゲルSの過去から見える3つの傾向

勝つにはサンデーサイレンスの血が必須?リゲルSの過去から見える3つの傾向

モーリスの無敗・圧勝劇で終わった今年の芝マイル路線。中2週、かつ海外への輸送もある厳しいローテーションもなんのその、香港の短距離王・エイブル...

記事を読む

グランシュヴァリエ現役74戦を終え種牡馬入り決定!

グランシュヴァリエ現役74戦を終え種牡馬入り決定!

地方競馬出身ではなかなか種牡馬入りが難しい時代です。サウスヴィグラス、タイムパラドックスあたりが地方競馬で活躍している血統としては思い浮かび...

記事を読む

1 2