天皇賞秋(2017)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

いよいよ今週末は秋古馬三冠の初戦「天皇賞秋」が東京競馬場で開催されます。今年は大阪杯がG1に昇格し、ますます面白くなってきた中距離路線。引退前に天皇賞の春秋制覇を狙うキタサンブラックに、前走の毎日王冠で約1年半ぶりに白星をあげ復活Vを果たしたリアルスティール、今春安田記念を制し念願のG1タイトルを獲得したサトノアラジンなど、超豪華メンバーが勢揃いとなりました。

今年の「秋の盾」を手にするのは一体どの馬なのでしょうか。今回は過去10年間のデータをもとに人気や脚質といった基本的なカテゴリーを中心に天皇賞秋の傾向を探っていきたいと思います。

1番人気は堅実。複勝率は90%

1番人気は勝率50%、連対率70%、複勝率90%と信頼度はかなり高めで、軸には最適。2~4番人気からは過去10年で勝ち馬が1頭も出ておらず、勝率は低め。逆に5番人気が4勝を挙げ好成績です。3着内30頭中29頭が7番人気以下で決着しており、基本的には堅い決着となる傾向が強いと言えるでしょう。

【該当馬】1番人気:キタサンブラック(下記「予想オッズ」を参考)

人気データ
人気成績
1番人気5-2-2-1
2番人気0-3-2-5
3番人気0-0-2-8
4番人気0-1-0-9
5番人気4-0-0-6
6番人気0-0-4-6
7番人気1-3-0-6
8番人気0-0-0-10
9番人気0-0-0-10
10番人気0-1-0-9
11番人気0-0-0-10
12番人気0-0-0-10
13番人気0-0-0-10
14番人気0-0-0-10
15番人気0-0-0-10
16番人気0-0-0-9
17番人気0-0-0-8
18番人気0-0-0-6
オッズデータ
オッズ成績
1.0~1.9倍0-0-0-0
2.0~2.9倍3-1-2-1
3.0~3.9倍2-2-0-1
4.0~4.9倍0-1-4-5
5.0~6.9倍0-1-0-7
7.0~9.9倍0-1-1-8
10.0~14.9倍2-1-2-6
15.0~19.9倍2-0-0-5
20.0~29.9倍0-0-1-10
30.0~49.9倍1-3-0-32
50.0~99.9倍0-0-0-32
100.0倍以上0-0-0-36
馬単/三連単データ
馬単三連単
20076,730円183,380円
20081,050円3,250円
200929,270円102,110円
20101,660円7,480円
201123,560円214,010円
20128,980円39,520円
20134,510円14,310円
20146,780円23,290円
201510,390円109,310円
20163,700円32,400円

予想オッズ

出走予定馬と独自予想オッズになります。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1キタサンブラック2.6
2リアルスティール4.3
3サトノアラジン6.0
4サトノクラウン7.4
5グレーターロンドン8.7
6ソウルスターリング10.3
7ステファノス15.8
8ヤマカツエース18.2
9マカヒキ21.4
10ネオリアリズム28.2
11シャケトラ38.7
12サクラアンプルール47.9
13レインボーライン68.3
14ミッキーロケット76.2
15カデナ108.1
16ワンアンドオンリー132.5
17ヒットザターゲット185.4
18ロードヴァンドール210.3

※正式オッズは馬券発売後に随時公開されます。必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

「内枠」&「差し馬」が有利な傾向に

コースは東京競馬場の芝2000m。スタートしてから最初の2コーナーまでの距離は約130mと非常に短く、先行馬にとってはとくに外枠が不利となりやすいです。データでは1枠と4枠の成績が良く、7,8枠の成績が低くなっております。

一般的に速いタイムが出る高速馬場になる事が多く、スピード豊富でキレのある瞬発力を持つ馬が好走傾向にあります。データでは差し馬がよく決まっております。

【該当馬】差しタイプ:マカヒキ、ミッキーロケット、ヤマカツエース、リアルスティール、レインボーライン、カデナ、グレーターロンドン、サクラアンプルール、サトノアラジン、シャケトラ、ステファノス、トルークマクト、ヒットザターゲット、ワンアンドオンリー

枠番データ
枠番成績
1枠2-2-1-14
2枠2-1-0-17
3枠0-0-3-17
4枠2-3-2-13
5枠1-2-0-17
6枠2-0-1-17
7枠1-2-1-22
8枠0-0-2-26
脚質データ
脚質成績
逃げ0-1-0-9
先行3-4-2-30
差し7-4-4-64
追い込み0-1-4-40
マクリ0-0-0-0

「4~5歳牡馬」&「関西馬」が中心、牝馬は前走G2以上のレースで2着以上

4~5歳の牡馬が中心となります。牝馬で優勝したのは08年のウオッカと10年のブエナビスタの2頭。いずれの前走がG2以上のレースで2着に入着した馬でした。所属は関西馬が好走しております。

【該当馬】4~5歳の関西馬(牡馬):キタサンブラック、シャケトラ、マカヒキ、ミッキーロケット、ヤマカツエース、リアルスティール、レインボーライン、ロードヴァンドール
前走G2以上のレースで2着以上の牝馬:該当なし

馬齢データ
馬齢成績
3歳0-2-2-9
4歳4-6-2-30
5歳5-2-4-35
6歳0-0-2-29
7歳以上1-0-0-38
性別データ
性別成績
牝馬2-3-1-6
牡馬8-7-9-137
所属データ
所属成績
栗東8-6-7-89
美浦2-4-3-52
地方0-0-0-2

馬体重はマイナスでも好走傾向に

馬体重は減っている馬の方が好走しております。ただし-10kg以上は割引き。

馬体重データ
馬体重増減成績
~-20kg0-0-0-0
-19~-10kg0-0-0-11
-9~-4kg4-1-1-28
-3~+3kg4-7-6-54
+4~+9kg2-1-1-40
+10~+19kg0-1-2-9
+20kg~0-0-0-0
今回減6-3-2-61
同体重2-3-4-15
今回増2-4-4-66

前走は「毎日王冠」&「宝塚記念」に注目、前走着順は2着以上が好走傾向に

前走は王道ステップの毎日王冠が一番多いですが、母数も多いので、好走率で見ると2番目に多い宝塚記念の方がやや高いです。いずれにせよ、この2レースが中心となります。

前走着順は2着以上が8勝をあげており好成績。また、3着内30頭中19頭は前走2着以上の馬でした。前走着順は2着以上が好走傾向にあります。

【該当馬】前走毎日王冠2着以上:リアルスティール(1着)、サトノアラジン(2着)
前走宝塚記念2着以上:サトノクラウン(1着)

前走データ
前走成績
毎日王冠(G2)5-4-4-46
宝塚記念(G1)2-3-1-14
札幌記念(G2)2-0-1-11
京都大賞典(G2)1-0-0-15
セントライト記念(G2)0-1-1-0
安田記念(G1)0-1-0-2
天皇賞春(G1)0-0-1-5
前走クラスデータ
前走成績
オープン特別0-0-0-3
G30-0-1-10
G28-6-7-101
G12-4-2-23
前走着順データ
前走着順成績
1着3-3-5-32
2着5-1-2-19
3着1-1-1-16
4着0-0-0-11
5着0-2-1-7
6~9着1-2-1-35
10着以下0-1-0-23

騎手は「武豊」&「M.デムーロ」に注目

騎手は武豊とM.デムーロの成績が良いです。

【該当馬】武豊騎手の騎乗馬:キタサンブラック
M.デムーロ騎手の騎乗馬:サトノクラウン

騎手データ
騎手成績
武豊2-0-1-7
M.デムーロ1-1-1-1
北村宏司1-1-0-4
横山典弘1-0-1-5
福永祐一1-0-1-7
戸崎圭太0-2-0-2