中山競馬場 芝3600m

コース特徴・見解

JRAの中では最長距離で、1年に1回、暮れのステイヤーズSのみに使用されるマイナーコース。

内回りコースを2周、コーナーを8回通過する長丁場で、走破するにはかなりのスタミナを要求される。コーナーを上手く立ち回る器用さも必要だが、何よりも重要なのがスタミナ。

条件戦は長いレースでも2600mが最長で、スタミナがウリの馬にとってはベストな舞台が少なく、そういった馬にとってステイヤーズSが行われるこのコースは重賞タイトルを狙える貴重なチャンスとなる。

枠・脚質の傾向

コーナーが8回ある分、馬群の外を通る馬の距離ロスは大きくなるため、馬群の外になりやすい外枠の馬は不利になりやすい。データ的には1枠と、4,5枠が好成績。

脚質は先行馬が有利。差しタイプでも前のポジションを確保出来ていないと厳しく、後ろから行く馬が活躍することはあまりない。切れる脚よりも、先行力・スタミナが重要。

枠番データ
枠番 成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠 2-0-2-10(14.3%/14.3%/28.6%)
2枠 1-1-2-13(5.9%/11.8%/23.5%)
3枠 2-0-0-15(11.8%/11.8%/11.8%)
4枠 2-1-2-15(10.0%/15.0%/25.0%)
5枠 2-3-1-14(10.0%/25.0%/30.0%)
6枠 0-1-1-18(0.0%/5.0%/10.0%)
7枠 0-3-2-15(0.0%/15.0%/25.0%)
8枠 1-1-0-18(5.0%/10.0%/10.0%)

集計期間:2007/12/01~2017/12/03

脚質データ
脚質 成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ 0-2-0-11(0.0%/15.4%/15.4%)
先行 6-5-0-20(19.4%/35.5%/35.5%)
差し 3-3-6-40(5.8%/11.5%/23.1%)
追い込み 0-0-2-45(0.0%/0.0%/4.3%)
マクリ 1-0-2-1(25.0%/25.0%/75.0%)

集計期間:2007/12/01~2017/12/03

騎手の傾向

成績が良いのは横山典弘、R.ムーア。

騎手データ
騎手 成績(勝率/連対率/複勝率)
横山典弘 3-1-0-1(60.0%/80.0%/80.0%)
R.ムーア 2-0-0-1(66.7%/66.7%/66.7%)
北村宏司 1-2-1-3(14.3%/42.9%/57.1%)
吉田豊 1-1-1-5(12.5%/25.0%/37.5%)
三浦皇成 1-0-1-6(12.5%/12.5%/25.0%)
松岡正海 1-0-0-4(20.0%/20.0%/20.0%)
C.スミヨン 1-0-0-0(100.0%/100.0%/100.0%)
蛯名正義 0-1-0-6(0.0%/14.3%/14.3%)
戸崎圭太 0-1-0-2(0.0%/33.3%/33.3%)
藤岡佑介 0-1-0-1(0.0%/50.0%/50.0%)

集計期間:2007/12/01~2017/12/03

血統の傾向

種牡馬はネオユニヴァース産駒、エルコンドルパサー産駒に注目。勝ち馬こそ輩出できていないものの、2着4回のディープインパクト産駒も注目。

血統データ(種牡馬)
種牡馬 成績(勝率/連対率/複勝率)
ネオユニヴァース 2-1-1-1(40.0%/60.0%/80.0%)
エルコンドルパサー 2-0-2-5(22.2%/22.2%/44.4%)
アドマイヤドン 2-0-0-0(100.0%/100.0%/100.0%)
ダンスインザダーク 1-1-0-9(9.1%/18.2%/18.2%)
チーフベアハート 1-0-0-4(20.0%/20.0%/20.0%)
メジロブライト 1-0-0-2(33.3%/33.3%/33.3%)
グラスワンダー 1-0-0-0(100.0%/100.0%/100.0%)
ディープインパクト 0-4-1-2(0.0%/57.1%/71.4%)
ステイゴールド 0-1-1-7(0.0%/11.1%/22.2%)
マーベラスサンデー 0-1-1-3(0.0%/20.0%/40.0%)

集計期間:2007/12/01~2017/12/03