新潟競馬場 芝1200m

コース特徴・見解

2014年には代替開催でスプリンターズSが行われているが、主に下級条件で行われるコース。

向正面の直線入り口からスタートし、最初の3コーナーまでは約448mと長め。アップダウンがほとんど無い平坦なコースで、3~4コーナーはスパイラルカーブで緩やかな下り坂。最後の直線は約359mあり、ローカル場では最長。大きな坂もなく下りのスパイラルカーブもあってスピードは落ちにくいため先行馬はしぶとく粘れるが、最後の直線が長いため差し馬も距離を使って前に届きやすい。

枠・脚質の傾向

枠番は、大外の8枠が勝率・連対率・複勝率の全てでトップ。スタート後に内の馬を見ながら進めることができる点や、インが痛みやすい点などから、外枠の馬が有利に運びやすい。

脚質は、逃げ馬が勝率・連対率・複勝率の全てでトップ。また、先行馬も逃げ馬に次いで成績が良く、前へ行ける馬が好走している。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠18-19-20-259(5.7%/11.7%/18.0%)
2枠25-18-20-258(7.8%/13.4%/19.6%)
3枠21-22-18-266(6.4%/13.1%/18.7%)
4枠19-19-16-279(5.7%/11.4%/16.2%)
5枠14-28-20-278(4.1%/12.4%/18.2%)
6枠21-21-24-276(6.1%/12.3%/19.3%)
7枠23-24-31-316(5.8%/11.9%/19.8%)
8枠33-23-26-333(8.0%/13.5%/19.8%)

集計期間:2009/5/2~2018/10/13

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ39-22-16-97(22.4%/35.1%/44.3%)
先行56-68-60-440(9.0%/19.9%/29.5%)
差し65-67-80-912(5.8%/11.7%/18.9%)
追い込み14-17-19-812(1.6%/3.6%/5.8%)
マクリ0-0-0-0(0.0%/0.0%/0.0%)

集計期間:2009/5/2~2018/10/13

騎手の傾向

騎手は、吉田隼人が最多勝利数をあげ、3着内の回数も最多。好走率ベースでは、勝率・連対率・複勝率の全てがトップの内田博幸が好成績。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
吉田隼人9-4-11-56(11.3%/16.3%/30.0%)
内田博幸8-1-1-15(32.0%/36.0%/40.0%)
丸田恭介7-9-5-50(9.9%/22.5%/29.6%)
北村宏司6-9-6-28(12.2%/30.6%/42.9%)
宮崎北斗6-3-3-38(12.0%/18.0%/24.0%)
木幡初広6-0-8-45(10.2%/10.2%/23.7%)
丸山元気5-3-2-44(9.3%/14.8%/18.5%)
蛯名正義5-2-6-20(15.2%/21.2%/39.4%)
大野拓弥4-10-6-69(4.5%/15.7%/22.5%)
三浦皇成4-3-0-10(6.2%/12.4%/19.6%)

集計期間:2009/5/2~2018/10/13

血統の傾向

種牡馬は、サクラバクシンオー産駒が勝利数や3着内の回数がトップ。好走率ベースでは、連対率・複勝率がトップのマツリダゴッホ産駒が好成績。

血統データ(種牡馬)
種牡馬成績(勝率/連対率/複勝率)
サクラバクシンオー10-12-12-87(8.3%/18.2%/28.1%)
メイショウボーラー7-2-2-31(16.7%/21.4%/26.2%)
ダイワメジャー6-5-6-59(7.9%/14.5%/22.4%)
タイキシャトル5-4-0-60(7.2%/13.0%/13.0%)
アドマイヤマックス5-2-3-39(10.2%/14.3%/20.4%)
マツリダゴッホ4-7-4-24(10.3%/28.2%/38.5%)
スウェプトオーヴァーボード4-6-5-55(5.7%/14.3%/21.4%)
アドマイヤムーン4-5-2-33(9.1%/20.5%/25.0%)
キングヘイロー4-5-0-31(10.0%/22.5%/22.5%)
ディープインパクト4-4-4-41(7.5%/15.1%/22.6%)

集計期間:2009/5/2~2018/10/13