東京競馬場 芝2500m

コース特徴・見解

1年で目黒記念とアルゼンチン共和国杯の2レースでしか使われないマイナーコース。

スタンド前の坂の下からスタートし、1コーナーまでの距離は約450mと長め。上りスタートとなるのでテンは落ち着く傾向にある。ただ、長い距離に加えて直線の坂を2度上るコースとなるため、ゴール前の瞬発力も必要だが、持久力勝負になりやすいためスタミナも必要となってくる。

特殊な距離故、コース経験の有無は大きなアドバンテージとなりそうだ。

枠・脚質の傾向

スタート後の直線も長く、枠順の極端な有利不利はないが、6枠の好走率が断トツで高くなっている。

脚質は差し馬の数が多いが、好走率は先行馬の方が高くなっている。長距離戦となるため持久力勝負になりやすく、消耗戦での末脚勝負とななりやすい。キレよりも息の長い末脚が必要。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠2-2-5-34(4.7%/9.3%/20.9%)
2枠4-2-3-36(8.9%/13.3%/20.0%)
3枠3-3-0-40(6.5%/13.0%/13.0%)
4枠2-3-3-39(4.3%/10.6%/17.0%)
5枠1-4-4-39(2.1%/10.4%/18.8%)
6枠6-2-3-36(12.8%/17.0%/23.4%)
7枠4-4-3-54(6.2%/12.3%/16.9%)
8枠2-4-3-56(3.1%/9.2%/13.8%)

集計期間:2007/11/04~2017/05/28

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ3-1-0-21(12.0%/16.0%/16.0%)
先行7-8-7-65(8.0%/17.2%/25.3%)
差し14-15-11-139(7.8%/16.2%/22.3%)
追い込み0-0-6-108(0.0%/0.0%/5.3%)
マクリ0-0-0-1(0.0%/0.0%/0.0%)

集計期間:2007/11/04~2017/05/28

騎手の傾向

好走率が高いのは蛯名正義、吉田隼人、戸崎圭太。出走数は少ないが戸崎圭太は複勝率が50%を超えており、高い確率で馬券圏内に入ってきている。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
蛯名正義3-3-0-14(15.0%/30.0%/30.0%)
横山典弘3-0-0-13(18.8%/18.8%/18.8%)
吉田隼人2-1-0-4(28.6%/42.9%/42.9%)
北村宏司2-0-1-13(12.5%/12.5%/18.8%)
福永祐一2-0-0-5(28.6%/28.6%/28.6%)
内田博幸1-2-2-11(6.3%/18.8%/31.3%)
戸崎圭太1-2-2-4(11.1%/33.3%/55.6%)
吉田豊1-2-0-13(6.3%/18.8%/18.8%)
松岡正海1-1-0-12(7.1%/14.3%/14.3%)
三浦皇成1-0-2-10(7.7%/7.7%/23.1%)

集計期間:2007/11/04~2017/05/28

血統の傾向

好走しているのは勝利数が一番多いハーツクライ産駒、3着内が多いジャングルポケット産駒とゼンノロブロイ産駒。

血統データ(種牡馬)
種牡馬成績(勝率/連対率/複勝率)
ハーツクライ3-2-0-14(15.8%/26.3%/26.3%)
ジャングルポケット2-3-1-14(10.0%/25.0%/30.0%)
ゼンノロブロイ2-2-2-18(8.3%/16.7%/25.0%)
マヤノトップガン2-1-0-10(15.4%/23.1%/23.1%)
キングカメハメハ2-0-3-11(12.5%/12.5%/31.3%)
オペラハウス2-0-0-2(50.0%/50.0%/50.0%)
ディープインパクト1-2-2-13(5.6%/16.7%/27.8%)
グラスワンダー1-1-1-5(12.5%/25.0%/37.5%)
ステイゴールド1-1-0-18(5.0%/10.0%/10.0%)
アグネスタキオン1-1-0-4(16.7%/33.3%/33.3%)

集計期間:2007/11/04~2017/05/28