【JRA】団野騎手は骨盤骨折、津村明秀騎手は左鎖骨を骨折、武藤騎手は左上腕部打撲

© Paul

7月5日に福島競馬場で行われた第7レースで、7番ハイランドヴィラが3コーナーで外側に斜行した5番ブラウローゼンに触れ転倒したため、競走中止となった。ハイランドヴィラは異状なし、鞍上の団野大成騎手は骨盤骨折と診断された。

さらに、先に転倒したハイランドヴィラに触れた8番オルプランタンもつまずき、西村淳也騎手が落馬して競走中止となった。西村騎手は異状なし、オルプランタンは右後肢跛行と診断された。

また、福島10Rでは、7番ルマーカーブルが疾病を発症して向正面で転倒し、競走中止となった。ルマーカーブルは急性心不全、鞍上の津村明秀騎手は左鎖骨々幹部骨折と診断された。

さらに、先に転倒したルマーカーブルに触れた3番リノワールドもつまずき、武藤雅騎手が落馬して競走中止となった。リノワールドは異状なし、武藤騎手は左上腕部打撲傷と診断された。