日経新春杯(2020)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

京都の日曜メインはハンデG2「日経新春杯」です。芝2400mという長距離に加えてハンデ戦と予想を難しくさせる条件が揃っているレースですが、どのような傾向があるのでしょうか?今回は過去10年間のデータをもとに日経新春杯の傾向を探っていきたいと思います。

■2着までは堅実

「1番人気」と「2番人気」が4勝ずつを挙げており、連対数と3着内の回数は「1番人気」が最多です。「1番人気」は連対率80%、複勝率90%と堅実です。勝ち馬は10頭中8頭が「2番人気以内」の馬で、2着馬も10頭中9頭が「5番人気以内」となっており、2着までは堅実に決まる傾向です。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気4411
2番人気4105
3番人気0217
4番人気0145
5番人気0109
6番人気1009
7番人気0028
8番人気0019
9番人気00010
10番人気1108
11番人気00010
12番人気0019
13番人気0006
14番人気0005
15番人気0004
16番人気0004
17番人気0001
18番人気0001
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍1000
2.0~2.9倍2110
3.0~3.9倍4201
4.0~4.9倍1205
5.0~6.9倍0317
7.0~9.9倍0147
10.0~14.9倍10115
15.0~19.9倍0119
20.0~29.9倍1004
30.0~49.9倍00118
50.0~99.9倍00011
100.0倍以上00134
馬単/三連単データ
馬単三連単
20101,360円89,590円
20111,660円3,250円
2012660円9,250円
20139,840円63,590円
2014930円4,700円
201519,580円200,130円
20161,260円6,550円
20171,230円5,040円
20182,720円37,240円
20191,950円10,530円
該当馬 1番人気
  • レッドジェニアル(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1レッドジェニアル2.9
2アフリカンゴールド3.5
3タイセイトレイル4.6
4サトノガーネット7.0
5メロディーレーン8.3
6レッドレオン15.9
7ロードヴァンドール20.4
8モズベッロ25.7
9チェスナットコート36.9
10アクート45.8
11マスターコード69.8
12プリンスオブペスカ72.1
13サイモンラムセス95.2
14エーティーラッセン136.2
15ヨシオ189.5
16スズカディープ256.3

■「内枠」&「差し」が好成績

コースは京都競馬場の芝2400mを使用します。枠は「1枠」が最多の4勝を挙げており、連対数も最多です。好走率においても、勝率(28.6%)、連対率(35.7%)、複勝率(35.7%)の全てでトップとなっており、好成績です。3着内に入った述べ30頭中14頭が1~3枠だった馬で、内枠の好走が目立っております。

脚質は「差し」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。京都芝2400mは最初の直線が長く、ペースが緩みがちなので前が有利になりやすいコース形態ですが、スローの上がり3F勝負ならやはり上がりの早い差し馬は来ますし、昨年はハイペースで差し勢が独占しております。上がりの早い馬に警戒しつつ、予想するペースに応じて取捨を決めていくのが良さそうです。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠4109
2枠11210
3枠12210
4枠11113
5枠01118
6枠22016
7枠01416
8枠11019
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1108
先行32426
差し57538
追い込み10137
マクリ0002
該当馬 差し馬候補
  • レッドジェニアル
  • アフリカンゴールド
  • タイセイトレイル
  • サトノガーネット
  • メロディーレーン
  • レッドレオン
  • モズベッロ
  • チェスナットコート
  • アクート
  • マスターコード
  • プリンスオブペスカ

■ハンデが「55kg」の馬に注目

ハンデは「55kg」だった馬が最多の4勝を挙げており、連対数も最多です。馬体重の増減は、最多の5勝を挙げている「+4~+9kg」に注目です。

ハンデデータ
斤量1着2着3着4着以下
~50kg0006
51kg0003
52kg10313
53kg01013
54kg21022
55kg43117
55.5kg0000
56kg15321
56.5kg1010
57kg0007
57.5kg0004
58kg0025
58.5kg1000
59kg~0000
馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg0002
-9~-4kg21210
-3~+3kg26539
+4~+9kg51231
+10~+19kg02025
+20kg~1014
不明・初出走・未更新0000
今回減25422
同体重2119
今回増64580
該当馬 ハンデが55キロの馬
  • アフリカンゴールド
  • サトノガーネット
  • タイセイトレイル
  • チェスナットコート
  • ロードヴァンドール

■「4歳」が好成績

年齢は「4歳」が最多の7勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。好走率においても、勝率(21.9%)、連対率(37.5%)、複勝率(40.6%)の全てがトップとなっており、信頼度は高めです。

性別は9勝を挙げている「牡馬」が中心で、所属は「栗東」が9勝を挙げており、関西馬が優勢です。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
4歳75119
5歳23521
6歳12429
7歳00025
8歳以上00010
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬1127
牡馬998104
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦10317
栗東910794
地方0000
外国0000
該当馬 4歳馬
  • メロディーレーン
  • モズベッロ
  • レッドジェニアル

■前走が「菊花賞」だった馬に注目

前走レースは最多の3勝を挙げている「菊花賞」に注目です。前走着順は、3着内に入った述べ30頭中20頭が「3着以内」だった馬でした。前走で馬券圏内だった馬は連続好走する可能性が高そうです。ただ、「6着以下」だった馬も3勝しており、大敗馬が巻き返すケースも少なくありません。前走が掲示板外だった馬にも警戒する必要がありそうです。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
菊花賞(G1)3005
有馬記念(G1)2015
愛知杯(G3)1113
グレイトフルS(3勝クラス)1101
金鯱賞(G2)1024
北野特別(2勝クラス)1000
東京優駿(G1)1000
オリオンS(3勝クラス)0316
中日新聞杯(G3)0206
鳴尾記念(G3)0103
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
2勝クラス1111
3勝クラス14119
オープン特別00221
G314130
G211420
G160120
海外0000
地方0000
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着2539
2着12111
3着2225
4着0014
5着2002
6~9着31032
10着以下00245
該当馬 前走が菊花賞だった馬
  • レッドジェニアル(6着)

■どの騎手にもチャンスあり

騎手は、「M.デムーロ」騎手が唯一2勝を挙げておりますが、今年は騎乗予定がありません。デムーロ騎手以外の騎手でとくに目立って好成績を挙げている騎手はおらず、騎手についてはどの騎手にもチャンスはあると考えて良さそうです。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
M.デムーロ2002
岩田康誠1204
福永祐一1106
C.ルメール1102
和田竜二1005
池添謙一1006
高倉稜1001
川田将雅1004
U.リスポリ1000
酒井学0123
浜中俊0114

※現役騎手のみを表示しております。