凱旋門賞(2022)出走予定馬の予想オッズと過去10年のデータから傾向を分析!

今週はフランスで世界最高峰のレース「凱旋門賞」が開催されます。日本国内でも2016年から馬券発売が行われており、近年では国内でも大きな盛り上がりを見せています。今回は過去のデータをもとに凱旋門賞の傾向を探っていきます。

■伏兵の台頭多め

人気は「1番人気」が最多の2勝を挙げており、連対数も最多です。3着内の回数は「1番人気」と「3番人気」が最多となっています。「1番人気」をはじめ上位人気馬の勝率は比較的低めで、「9番人気」「13番人気」が勝利するなど大穴が勝ち切るケースも少なくありません。とくに「9番人気」は1~3着に1回ずつ入線しており好成績です。昨年は13番人気が勝利し三連単で24万馬券、一昨年は1・2番人気が馬券圏外に飛んで10万馬券と近年は荒れており、国内初の馬券販売となった2016年も38万馬券が飛び出しているように、波乱傾向はやや強めのレースと言ってよいでしょう。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気2112
2番人気0105
3番人気1122
4番人気0105
5番人気1014
6番人気0006
7番人気0006
8番人気0114
9番人気1113
10番人気以下~10035
馬単/三連単データ
馬単三連単
201624,170円380,060円
20171,900円10,600円
2018750円10,850円
20196,570円32,990円
202012,610円101,080円
202172,510円246,370円

※「人気」と「配当」は、JRAが馬券発売を開始した2016年以降の過去6年間のデータをまとめてあります。なお、「出走取消馬」は含みません。

予想オッズ

下記の予想オッズは英国大手ブックメーカー「William Hill」の予想オッズ(9/27時点)となります。JRAによる正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1ルクセンブルク6.50
2アルピニスタ7.00
3アダイヤー8.00
4ヴァデニ10.00
5トルカータータッソ11.00
5タイトルホルダー11.00
7オネスト13.00
7ウエストオーバー13.00
9ラパリジェンヌ21.00
10アルハキーム34.00
10ドウデュース34.00
12ベリーエレガント41.00
13メンドシーノ51.00
14バブルギフト67.00
14ラプティットココ67.00
14トゥルーテスタメント67.00
14グランドグローリー67.00
14ウェストウィンドブローズ67.00
14ステイフーリッシュ67.00
14マレオーストラリス67.00
14ディープボンド67.00
22シーリウェイ81.00
23ラッソー101.00

■「外目」のゲートは不振傾向

凱旋門賞は「馬番」が最初に割り振られ、「ゲート番」はその後抽選で決められます。「馬番」と「ゲート番」は無関係ですので、あらかじめご注意ください。

ゲート番は、「3・6・12番ゲート」が2勝ずつを挙げており、連対数は「3番ゲート」が最多となっており、3着内の回数も最多です。そこまで極端な傾向は見られませんが、「16番ゲート」より外からは勝ち馬が出ておらず、3着内も3頭と少なめです。凱旋門賞は20頭近い頭数で行われることもあり、それだけ多頭数の場合は大外を回すとかなりの距離ロスとなります。外目のゲートに入った馬は割り引いて考えたほうが良さそうです。

馬番データ
馬番1着2着3着4着以下
11216
21009
300010
40216
50107
60217
71009
81117
900010
103007
110019
120118
130017
140017
150009
161006
171014
181013
190101
200001
ゲートデータ
ゲート1着2着3着4着以下
10127
21018
32206
41108
50019
62008
70019
80109
90127
1000010
110208
122007
130008
141007
151114
160016
170015
180103
190002
200001

※「出走取消馬」は含みません

■「4歳」&「牝馬」が好成績

年齢は、最多の5勝を挙げ、連対数も最多の「4歳」が好成績です。また、「6歳以上」の馬は3着内が0回となっており、割り引きが必要です。性別は「牝馬」が6勝を挙げており、連対数と3着内の回数は「牡馬」が最多となっています。勝ち馬は「牝馬」から出やすい傾向となっています。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
3歳41760
4歳55245
5歳14128
6歳以上0007
該当馬 4歳馬
  • アダイヤー
  • シリウェイ
  • メンドシーノ
  • タイトルホルダー
  • バブルギフト
  • ラプティットココ
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬63229
牡馬478111
該当馬 牝馬
  • グランドグローリー
  • アルピニスタ
  • ラプティットココ
  • ラパリジェンヌ
  • ベリーエレガント

■前走「1着」から狙うのがセオリー

前走着順は「1着」だった馬が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。3着内に入った30頭中17頭が、前走「1着」だった馬となっており、基本的には、前走を勝っている馬から狙うのがセオリーと言えそうです。

前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着557
2着143
3着100
4着200
5着以下~010
該当馬 前走が1着だった馬
  • アダイヤー
  • アルハキーム
  • アルピニスタ
  • ウエストウインドブローズ
  • タイトルホルダー
  • メンドシーノ
  • ルクセンブルク

■騎手は「L.デットーリ」に注目

騎手は「L.デットーリ」「T.ジャルネ」の2名が2勝ずつを挙げていますが、ジャルネ騎手は現在引退していますので「L.デットーリ騎手」に注目したいと思います。

騎手/調教師データ
騎手調教師
2012A.シュタルケP.シールゲン
2013O.ペリエC.ラフォンパリアス
2014T.ジャルネC.ヘッドマーレック
2015T.ジャルネC.ヘッドマーレック
2016R.ムーアA.オブライエン
2017L.デットーリJ.ゴスデン
2018L.デットーリJ.ゴスデン
2019P.ブドーファーブル
2020C.デムーロJC.ルジェ
2021R.ピエチュレクM.ヴァイス
該当馬 L.デットーリ騎手の騎乗予定馬
  • トルカータータッソ

■日本馬は29頭が出走し、5頭が3着内に入着

過去に日本調教馬は延べ29頭が凱旋門賞に出走していますが、優勝馬は1頭もいません。3着内に入着したのは延べ5頭。3着に入着したディープインパクトは禁止薬物により失格となっているので、同馬を除けば正式には4頭となります。この4頭は全てフォワ賞を2着以上に好走してから本番の凱旋門賞に臨んでおり、データ傾向としては注目しておきたい点です。

  • 2021年:クロノジェネシス/O.マーフィー(7着)
  • 2021年:ディープボンド/M.バルザローナ(14着)
  • 2020年:ディアドラ/J.スペンサー(8着)
  • 2019年:キセキ/C.スミヨン(7着)
  • 2019年:ブラストワンピース/川田将雅(11着)
  • 2019年:フィエールマン/C.ルメール(12着)
  • 2018年:クリンチャー/武豊(17着)
  • 2017年:サトノダイヤモンド/C.ルメール(15着)
  • 2017年:サトノノブレス/川田将雅(16着)
  • 2016年:マカヒキ/C.ルメール(14着)
  • 2014年:ハープスター/川田将雅(6着)
  • 2014年:ジャスタウェイ/福永祐一(8着)
  • 2013年:オルフェーヴル/C.スミヨン(2着)
  • 2013年:キズナ/武豊(4着)
  • 2012年:オルフェーヴル/C.スミヨン(2着)
  • 2012年:アヴェンティーノ/A.クラストゥス(17着)
  • 2011年:ヒルノダムール/藤田伸二(10着)
  • 2011年:ナカヤマフェスタ/蛯名正義(11着)
  • 2010年:ナカヤマフェスタ/蛯名正義(2着)
  • 2010年:ヴィクトワールピサ/武豊(7着)
  • 2008年:メイショウサムソン/武豊(10着)
  • 2006年:ディープインパクト/武豊(3着・失格)
  • 2004年:タップダンスシチー/佐藤哲三(17着)
  • 2002年:マンハッタンカフェ/蛯名正義(13着)
  • 1999年:エルコンドルパサー/蛯名正義(2着)
  • 1986年:シリウスシンボリ/M.フィリッペロン(14着)
  • 1972年:メジロムサシ/野平祐二(18着)
  • 1969年:スピードシンボリ/野平祐二(着外)