【秋華賞】今秋最初の女王に輝くのはどの馬?有力馬3頭を考察

秋を迎え少し肌寒い季節となってきましたが、ついに本格的な秋の到来を注げる牝馬三冠の最後の一戦、「秋華賞」が10月15日(日)に京都競馬場で開催されます。

秋は女の分かれ道とでも言いましょうか。この秋は古馬路線を選択した牝馬もいれば、牝馬同士の戦いでしのぎを削る牝馬もおります。秋華賞は3歳牝馬の少女たち同士が戦う牝馬三冠の最終戦。今年はNHKマイルを制したアエロリット、桜花賞2着のリスグラシュー、桜花賞馬レーヌミノルなど、G1戦線で活躍する牝馬たちが集結しました。

アエロリット
桜花賞では5着に敗れたアエロリット。まずまずのスタートでしたが、後方からの競馬となり5着という内容で惜しくもG1初制覇ならず。しかし続くNHKマイルCでは番手から抜け出しG1初制覇を果たしました。

約2ヶ月半の休み明けで挑んだ前走のクイーンSでは積極的な逃げで勝利し、重賞2連勝を達成。単騎逃げに持ち込んだ鞍上の横山典弘騎手の好騎乗が光り、早いペースでも息を入れて再加速した馬の実力も高く評価したいレースでした。前走から1ハロン延長で初の2000mとなりますが、この馬のリズムで走れれば十分にチャンスはあるでしょう。

リスグラシュー
桜花賞では道悪に対応し2着に食い込んだリスグラシュー。勝ち馬レーヌミノルほどの切れ味はありませんでしたが、タフな馬場でペースが流れたにも関わらず最後まで伸びた脚からは粘り強さが感じられました。しかし、続くオークスではスローで後半に特化した競馬となり、末脚で見劣る5着。前走のローズSはある程度流れはしたものの、進路確保に手間取り3着が精一杯という内容でした。

素早い反応や一瞬の切れ味といったことには無縁の馬ですが、重い馬場にも対応できる持続力の長い末脚が使えるのはこの馬の大きな武器です。近戦は脚を余すケースが多くまだ完璧な競馬は見れておりませんが、1800で勝ち上がっていることからも今回の距離延長はプラスに働く可能性が高いでしょう。

レーヌミノル
道悪の中緩みのないペースを前で進めてマイルG1の桜花賞を見事優勝したレーヌミノル。しかし、続くオークスでは13着、前走のローズSでは9着と中距離戦で凡走が続いております。距離の問題が懸念されますが、ペースを引き上げきって後続に脚を使わせる競馬ができれば、なおかつ桜花賞のようにパワーがいる馬場となれば中距離路線でも戦えそうな気配があります。

しかし、ある程度流れた前走のローズSでは途中で脚が止まり、9着に敗退。距離の問題が懸念される中で、今回の秋華賞は距離を1ハロン延長しての挑戦となります。牝馬三冠の最初の一冠を手にはしましたが、その後は2戦続けて馬券圏外へ。最後の一冠で巻き返しとなるか、レーヌミノルにとって試金石の一戦となりそうです。

第22回秋華賞(G1)は2017年10月15日(日)に京都競馬場で開催予定。