【若駒S予想2016】出世レースだったのは昔の話?今年の出走馬をチェック!

gallop-1117183_1280

過去には「あの」ディープインパクトも勝ったレース「若駒ステークス」が今週行われます。コロコロとレース体系、格付けが変わる中、安定の京都芝2000mのオープンで今年も開催されます。過去には先述のディープインパクトをはじめ、皐月賞馬・アンライバルド、藤田元騎手とのコンビで春の天皇賞を制したヒルノダムールも輩出したレース。こうしてみると「おお、出世レースだな」と思ってしまうのですが、残念ながらここ5年はそうではありません。勝ち馬を確認しますと、2011 リベルタス、2012 ゼロス、2013 リヤンドファミユ、2014 トゥザワールド、2015 アダムスブリッジ。

ドリームジャーニー、オルフェーブルに連なる血統のリヤンドファミユ、母・父ともに一流の血統でもあったトゥザワールドなども名を連ねていますが、クラシック本番は結局勝てずに終わっています。古馬になってからも苦戦している馬もおり、あながち「出世レース」と考えるのは早計かもしれません。

そんな過去5年のジンクスを覆せる怪物は今年はいるのか。ディープインパクトと同じ金子真人ホールディングス所有のマカヒキに注目をしています。デビュー戦を快勝へ導いたデムーロ騎手はロスカボス騎乗のため、今回はルメール騎手で挑みます。

ロスカボス、マカヒキともに、引き続き両騎手が乗る保証はないですが、オープンレースだけに2着では意味がありません。本賞金加算が至上命題な馬が今回も多数。そういった意味ではこのくらいのメンバーなら「楽勝」で通過しないと本番も例年どおりご縁がないかもしれません。そういった意味では注目のレースとなりますね!