雨で外差し馬場に?JRA皐月賞(2020)当日の馬場は?馬場傾向を距離別データで分析・予想

中山競馬も今週末が最終週。木曜から前日の土曜まで雨の予報が出ており、最終週ということもあり当日の“馬場状態”が気になるところです。まずは先週の馬場傾向を把握しておきたいところで、今回は先週行われた中山の芝レースの「脚質」と「枠順」のデータを距離別にまとめてみました。

■2200m~

該当レースなし

■2000m

レースは未勝利の1レースのみです。枠は「3枠」が1・2着に1回ずつ入着しており、「3枠」が好成績。脚質は勝ち馬が「先行」、2・3着馬が「差し」でした。ペースは緩めで勝ち馬もやや控え気味の好位というポジション。前が崩れる展開となりました。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0002
2枠0002
3枠1100
4枠0002
5枠0002
6枠0002
7枠0003
8枠0012
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0001
先行1003
差し0116
追い込み0005
マクリ0000

■1800m

対象レースは「美浦S(3勝クラス)」、「野島崎特別(2勝クラス)」、「1勝クラス」の3レース。枠は「1・2枠」が1勝ずつ挙げており、勝ち馬は内枠から出ておりますが、「8枠」は1~3着に1回ずつ入着しており、好走率は高め。

脚質は、勝ち馬3頭全てが「逃げ・先行」で、前目で競馬をした馬が好走。1800mでは、勝ち馬は前目で競馬をするタイプから狙った方が良さそうです。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠1002
2枠1002
3枠0103
4枠0004
5枠0103
6枠0013
7枠0013
8枠1112
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1002
先行2117
差し0216
追い込み0017
マクリ0000

■1600m

対象レースは未勝利、1勝クラス、ニュージーランドT(G2)の3レース。枠は「6枠」が2勝を挙げており、3着内に入った延べ9頭中6頭が「5枠」より外の枠の馬で、真ん中よりの枠が好走しています。

脚質は「先行」・「差し」・「追い込み」がいずれも1勝ずつを挙げており、脚質に極端な傾向は見られません。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0114
2枠1005
3枠0006
4枠0006
5枠0105
6枠2004
7枠0105
8枠0024
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ0102
先行11010
差し11314
追い込み10013
マクリ0000

■芝1200~1400m

対象レースは春雷S(OP)、千葉日報杯(2勝クラス)の2レース。枠は、「2枠」と「4枠」が1勝ずつを挙げており、3着内に入着した延べ6頭中5頭が「1~4枠」の馬でした。内枠よりの枠に入った馬が好走しております。

脚質は、「追い込み」が1~3着に1回ずつ入着しており、後方から進めた馬が好走しております。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠0004
2枠1102
3枠0013
4枠1012
5枠0004
6枠0004
7枠0004
8枠0103
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1001
先行0106
差し00112
追い込み1117
マクリ0000

■まとめ

枠は「2枠」が最多の3勝を挙げており、連対数も最多です。勝ち馬は比較的内目の枠から出ております。脚質は「先行」が最多の4勝を挙げており、連対数も最多です。3着内の回数は「差し」が最多ですが、勝ちきれないケースが目立ちます。

先週の中山の馬場は全体的には「内枠」&「先行」がやや優勢というイメージですが、今週末は雨も降るので内の馬場が荒れそうで、また傾向は変わってくる可能性が高そうです。

今週は2000mで牡馬クラシック第一弾となる「皐月賞」が開催されますが、過去10年のレース傾向では「真ん中枠」と「差し」が好成績を挙げており、先週の馬場傾向とは傾向が異なります。雨で内が荒れてくれば外差しも決まりやすくなってくる可能性も。土曜の馬場を見て当日判断したいと思います。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠11112
2枠31011
3枠12112
4枠10114
5枠02014
6枠20113
7枠01115
8枠12411
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ2106
先行43126
差し14638
追い込み21232
マクリ0000