中山競馬場 芝2200m

コース特徴・見解

非根幹距離だが、アメリカジョッキーCC、セントライト記念、オールカマーとG2レースが3つも開催されるコース。

4コーナー終点あたりからスタートし、1コーナーまでの距離は432mと長いため、激しい先行争いあまり起きない。外回りのコースでカーブは緩やか、距離も長いためペースも落ち着きやすい傾向にある。

向正面から下りや平坦部分しかないので、スピードにのりやすくポジションを押し上げることができる。しかし、最後には急坂が待ち構えており、スタートの直線も合わせると急坂を2回越えるタフなコースで、スピードだけでなく、スタミナと底力も求められる。

枠・脚質の傾向

6枠の成績がやや高いくらいで、ほぼ横並び。ただし、1枠のみ成績が極端に低くなっている。1コーナーまでは距離が十分にあるため、外枠からでも狙ったポジションを取りに行きやすい特徴がある。

脚質は逃げ・先行の好走が目立つが、一番好走率が高いのはマクリ。数は少ないが複勝率は約60%と高く、直線一気が決まりにくいとされる中山コースとしては珍しくマクリが決まっている。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠9-13-13-189(4.0%/9.8%/15.6%)
2枠15-19-17-190(6.2%/14.1%/21.2%)
3枠21-10-15-201(8.5%/12.6%/18.6%)
4枠17-19-19-206(6.5%/13.8%/21.1%)
5枠21-21-23-207(7.7%/15.4%/23.9%)
6枠23-21-21-216(8.2%/15.7%/23.1%)
7枠24-22-23-235(7.9%/15.1%/22.7%)
8枠19-25-17-253(6.1%/14.0%/19.4%)

集計期間:2007/09/16~2017/04/16

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ23-15-9-115(14.2%/23.5%/29.0%)
先行68-63-55-347(12.8%/24.6%/34.9%)
差し46-56-60-620(5.9%/13.0%/20.7%)
追い込み8-9-16-599(1.3%/4.0%/6.6%)
マクリ4-7-8-13(12.5%/34.4%/59.4%)

集計期間:2007/09/16~2017/04/16

騎手の傾向

成績が良いのは戸崎圭太、横山典弘。上位はほぼ横一線で、抜けて成績が良い騎手はいない。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
蛯名正義14-5-10-64(15.1%/20.4%/31.2%)
北村宏司11-17-9-62(11.1%/28.3%/37.4%)
横山典弘11-7-5-50(15.1%/24.7%/31.5%)
内田博幸9-13-12-48(11.0%/26.8%/41.5%)
田辺裕信9-9-4-49(12.7%/25.4%/31.0%)
戸崎圭太9-6-4-36(16.4%/27.3%/34.5%)
柴田善臣6-9-7-57(7.6%/19.0%/27.8%)
松岡正海6-9-2-72(6.7%/16.9%/19.1%)
吉田隼人6-6-5-45(9.7%/19.4%/27.4%)
柴田大知6-3-8-54(8.5%/12.7/23.9%)

集計期間:2007/09/16~2017/04/16

血統の傾向

種牡馬はディープインパクト産駒に注目。

血統データ(種牡馬)
種牡馬成績(勝率/連対率/複勝率)
ステイゴールド19-12-17-122(11.2%/18.2%/28.2%)
ディープインパクト12-8-4-53(15.6%/26.0%/31.2%)
シンボリクリスエス7-12-10-75(6.7%/18.3%/27.9%)
キングカメハメハ7-8-9-68(7.6%/16.3%/26.1%)
ジャングルポケット6-7-5-62(7.5%/16.3%/22.5%)
アグネスタキオン6-4-5-34(12.2%/20.4%/30.6%)
マンハッタンカフェ5-9-4-58(6.6%/18.4%/23.7%)
ネオユニヴァース5-8-5-34(9.6%/25.0%/34.6%)
ハーツクライ5-6-9-52(6.9%/15.3%/27.8%)
ゼンノロブロイ5-5-3-34(10.6%/21.3%/27.7%)

集計期間:2007/09/16~2017/04/16