小倉 圭輔 一覧

小倉 圭輔

小倉 圭輔

小倉圭輔(おぐら けいすけ)
1983年新潟県生まれ。マスメディアなど主観的な情報に左右されない信頼出来る指標としてフラット指数を発案。
13年競馬最強の法則WEBコンテンツにて予想家デビュー。
3連単発売以降「100円均等買いでも年間回収率100%を超えられる理論・馬券術こそ正しい理論・馬券術」との考えから、フラット指数式3連単馬券術=フラットメソッドを完成させ13年の年間回収率151%を筆頭に安定して年間回収率100%を超えている。
15年5月競馬道Onlineより著書「年間回収率150% 100円玉で始める フラット指数馬券術」を発売。

16年1月25日発売「夢の4億円をつかむ WIN5 戦略シート ザ・ミリオン」
http://amzn.to/2iwZhIN

16年8月Amazon Kindle読み放題対応。
http://www.amazon.co.jp/dp/B01JP8Y0X0

netkeiba 厳選予想 ウマい馬券 に予想提供中
http://yoso.netkeiba.com/?pid=yosoka_profile&id=84

リーディングサイアー以外の産駒のほうが条件の異なる馬場への順応性が高いのかもしれない

リーディングサイアー以外の産駒のほうが条件の異なる馬場への順応性が高いのかもしれない

今年の凱旋門賞も日本馬は欧州の高い壁に阻まれ、改めてエルコンドルパサーやオルフェーヴルの突出した能力や、ナカヤマフェスタも含めた欧州の馬場へ...

記事を読む

サトノダイヤモンドの戦績はスペシャルウィークに酷似している

サトノダイヤモンドの戦績はスペシャルウィークに酷似している

ダービーまでそういう目でサトノダイヤモンドを見ていた。戦績だけでなく、馬格がありながらスラッとしなやかな馬体、首を下げた鶴首の走法、一瞬の脚...

記事を読む

キタサンブラックの遠征中止は賢明な判断だろう

キタサンブラックの遠征中止は賢明な判断だろう

宝塚記念はキタサンブラックにとって今までに経験していない重い馬場状態、少頭数ではあるが結果の出ていない外枠、GⅠで初の単勝1倍台という断然人...

記事を読む

過去最多頭数での挑戦ながら少々小粒なドバイミーティング日本馬勢の予想

過去最多頭数での挑戦ながら少々小粒なドバイミーティング日本馬勢の予想

日本ではJRAがドバイワールドカップデーと掲載していることからその呼び名が定着している感はあるが、今年から国内で馬券発売もされることだし、そ...

記事を読む

クラシック最重要ステップレース

クラシック最重要ステップレース

今週はチューリップ賞と弥生賞が行われる。チューリップ賞は昔も今も桜花賞の最重要ステップレースであることに変わりなく、個人的には常々フィリーズ...

記事を読む

フェブラリーステークス18連敗中の関東馬の救世主は現れるか

フェブラリーステークス18連敗中の関東馬の救世主は現れるか

ダービー以上と言っていいだろう関東馬が大劣勢のフェブラリーSである。2000年から関西馬が17連勝中だがその前の1999年は地方馬メイセイオ...

記事を読む

この時期にデビューを迎える良血馬

この時期にデビューを迎える良血馬

もうすでに2月となる。過去の皐月賞馬・ダービー馬、春の牡馬クラシックホースのほとんど9割は2歳時にデビューしているのである。もっと言えば8割...

記事を読む

スペシャルウィーク種牡馬引退

スペシャルウィーク種牡馬引退

早いものでスペシャルウィークが22歳ということは、私の競馬キャリアも今年で(まだ)19年目ということになる。 スペシャルウィークはSS...

記事を読む

WIN5対象レースが少頭数の場合はチャンスなのか?

WIN5対象レースが少頭数の場合はチャンスなのか?

今週のWIN5だが、対象1レース目の早春ステークスが6頭立て、対象2レース目の山城ステークスが14頭立て、対象3レース目の春菜賞が16頭立て...

記事を読む

イマイチ調子の上がらない昨年の100勝ジョッキーたち

イマイチ調子の上がらない昨年の100勝ジョッキーたち

昨年100勝以上した騎手は5人いるが、今年になってから5人ともイマイチ手綱が冴えない、あるいはアクシデントに見舞われている印象がある。 ...

記事を読む

スポンサーリンク
1 2 3 4 5