【キーンランドカップ2017】昨年4着のソルヴェイグ、復調の気配

今年も札幌の短距離重賞、キーンランドカップが開催される時期となりました。このレースが開催されると夏ももう終わりに近づいてきたのだなぁ…としみじみ感じますが、私のように競馬のレースで季節感を感じる方も少なくないはず。

秋のG1・スプリンターズステークスの前哨戦という立ち位置であると同時に、サマースプリントシリーズの王者を占う意味でも重要な一戦。秋のビッグレースの予想にも繋がる一戦なので、しっかり予想してレースを見届けたいと思います。

さて、今年のメンバーですが、マイルから距離短縮して短距離の舞台で復活を目論むモンドキャンノや、昨年の同競走4着でスプリンターズSでも3着と短距離路線で活躍する牝馬のソルヴェイグ、そして昨年2着で重賞2勝の実績を持つシュウジなど、甲乙つけがたいメンバーが揃った印象があります。

復調の気配を見せたソルヴェイグ、ここは復活のとき?!

今回本命視させていただくのは牝馬のソルヴェイグです。昨年は重賞2勝、G1でも3着に入着するなど好成績を残しておりますが、今年4歳になってからは6着→9着→5着と調子を落としております。近2戦は高松宮記念、ヴィクトリアマイルとG1を走ってきており、昨年走ってきたレースよりも明らかにレベルが高かったせいもあるかもしれません。

しかし、前走のヴィクトリアマイルでは5着に敗れるも、次に好走が期待できるような走りを見せてくれました。ハナを切りしっかりとペースをスローにコントロールし、3~4コーナーでも仕掛けを我慢し、後方を引き付けて直線で追い出しての5着は、着順以上に評価していい内容だと感じます。

逃げろとは言いませんが、やはりこの馬は前目でペースを作り、一息入れてからの追い出しというのが理想的です。今回は前目で競馬をする馬が多いのでスローにはならなそうですが、ある程度速くなってもこなせる馬ですし、斤量も54kgと恵まれております。使える脚はそこまで長くありませんが、平坦コースでスタミナを削られる可能性も低いので、今回もしっかりと前で競馬ができればこのメンバー相手なら勝ち負けするでしょう。

昨年勝った函館スプリントSでは前へ出していき、番手で逃げ馬にプレッシャーをかけていくといった競馬で最後はシュウジとの叩き合いも制しておりますし、今回58kgを背負うシュウジと比べても、優位な条件と言えるでしょう。