種牡馬 一覧

キセキ、有馬記念で引退。種牡馬へ

キセキ、有馬記念で引退。種牡馬へ

12月26日に中山競馬場で行われる有馬記念(G1、芝2500m)に出走予定のキセキ(牡7、辻野泰之厩舎)が、同レースを最後に現役を引退する...

記事を読む

コントレイルの種付料は1200万円、父ディープインパクトの初年度種付料金と同金額

コントレイルの種付料は1200万円、父ディープインパクトの初年度種付料金と同金額

11月28日に東京競馬場で行われたジャパンカップ(G1、芝2400m)を快勝し、現役を引退したコントレイル(牡4、矢作芳人厩舎)の2022...

記事を読む

中央・地方・海外で活躍したマテラスカイが引退、種牡馬入り

中央・地方・海外で活躍したマテラスカイが引退、種牡馬入り

11月6日にアメリカのデルマー競馬場で行われたBCスプリント(G1、ダ1200m)で5着だったマテラスカイ(牡7、森秀行厩舎)が、28日付...

記事を読む

G1・2勝のフェノーメノ、種牡馬を引退

G1・2勝のフェノーメノ、種牡馬を引退

2013と2014年の天皇賞・春を連覇したフェノーメノ(牡12)が、種牡馬を引退したことが明らかになった。21日、北海道新ひだか町にある繋...

記事を読む

社台SSで2021年度、エピファネイアを抑えて1番人気となった意外な種牡馬とは?

社台SSで2021年度、エピファネイアを抑えて1番人気となった意外な種牡馬とは?

社台スタリオンステーションが2021年シーズンの種付け頭数を発表しました。 ディープインパクト、キングカメハメハ亡き後、どの馬が日本...

記事を読む

コパノリチャード種牡馬引退、第三の馬生へ

コパノリチャード種牡馬引退、第三の馬生へ

優れたスピードを武器にデビュー戦勝利やアーリントンカップ勝利など早い時期から活躍し、2014年に高松宮記念を制するなど重賞4勝を挙げたコパ...

記事を読む

G1馬ダノンプレミアムが引退、種牡馬へ

G1馬ダノンプレミアムが引退、種牡馬へ

2017年の朝日杯FSの覇者・ダノンプレミアム(牡6、中内田充厩舎)が引退することが明らかになった。1日には競走馬登録抹消の手続きが行われ...

記事を読む

ハーツクライが種牡馬引退、功労馬に

ハーツクライが種牡馬引退、功労馬に

現役時代、2005年の有馬記念で当時の無敗三冠馬ディープインパクトを下してG1初制覇を飾り、翌年はドバイSCを制したハーツクライ(牡20)...

記事を読む

シャフリヤールの活躍でますます期待の掛かるディープインパクト後継種牡馬アルアイン

シャフリヤールの活躍でますます期待の掛かるディープインパクト後継種牡馬アルアイン

先日の毎日杯を勝利したシャフリヤールは賞金加算に成功したことで皐月賞出走も可能な状況でしたが、短いレース間隔を嫌ってダービーに直行する意向...

記事を読む

タフに駆けたサイモンラムセス、種牡馬としての活躍に期待

タフに駆けたサイモンラムセス、種牡馬としての活躍に期待

昨年6月の鳴尾記念を16番人気ながら4着に好走して引退したサイモンラムセスが、繋養先である日高町のサンシャイン牧場で種牡馬としてのファース...

記事を読む

1 2 3 4 12