阪神競馬場 芝3000m

コース特徴・見解

年間でG2の阪神大賞典の1鞍しか行われないマイナーコース。

2コーナーの出口付近からスタートし、最初の直線までの距離は360m。内回りのコースを1周半し、コーナーを6つ回る長丁場。スタート直後は最初のコーナーまでの先行争いが激しくなることはあるが、道中は大体スローペースで流れ、各馬自分のペースを守って競馬をしている印象。2周目の向正面から徐々にペースが上がっていき、ロングスパートの戦いになりやすい傾向がある。

当然スタミナが問われるコースで、長距離の実績がある馬を選びたい。

枠・脚質の傾向

これだけ長丁場なので、枠順に関してはあまり重要視する必要はない。ただし、4,5枠は勝率・連対率ともに不振。

脚質は逃げ馬は壊滅的で、先行とマクリがよく決まっている。とくにマクリは連対率と複勝率が100%と好成績。先行策からそのまま押しきれる馬から狙うのが基本だが、ロングスパートを乗り切るだけのスタミナを持つ馬にも注意したい。

枠番データ
枠番成績(勝率/連対率/複勝率)
1枠3-0-1-6(30.0%/30.0%/40.0%)
2枠0-3-2-5(0.0%/30.0%/50.0%)
3枠1-1-2-8(8.3%/16.7%/33.3%)
4枠0-1-1-11(0.0%/7.7%/15.4%)
5枠0-0-1-14(0.0%/0.0%/6.7%)
6枠1-3-1-11(6.3%/25.0%/31.3%)
7枠2-0-1-14(11.8%/11.8%/17.6%)
8枠3-2-1-14(15.0%/25.0%/30.0%)

集計期間:2008/03/23~2017/03/19

脚質データ
脚質成績(勝率/連対率/複勝率)
逃げ0-0-2-8(0.0%/0.0%/20.0%)
先行7-5-3-18(21.2%/36.4%/45.5%)
差し1-4-3-27(2.9%/14.3%/22.9%)
追い込み0-0-2-30(0.0%/0.0%/6.3%)
マクリ2-1-0-0(66.7%/100.0%/100.0%)

集計期間:2008/03/23~2017/03/19

騎手の傾向

戦績が1,2戦のみの騎手を除けば、岩田康誠の成績が良い。

騎手データ
騎手成績(勝率/連対率/複勝率)
岩田康誠3-0-1-3(42.9%/42.9%/57.1%)
福永祐一2-1-0-3(33.3%/50.0%/50.0%)
四位洋文1-1-1-3(16.7%/33.3%/50.0%)
和田竜二1-0-1-4(16.7%/16.7%/33.3%)
内田博幸1-0-0-1(50.0%/50.0%/50.0%)
C.ルメール1-0-0-0(100.0%/100.0%/100.0%)
武豊0-1-1-4(0.0%/16.7%/33.3%)
池添謙一0-1-1-0(0.0%/50.0%/100.0%)
浜中俊0-1-0-4(0.0%/20.0%/20.0%)
秋山真一郎0-1-0-3(0.0%/25.0%/25.0%)

集計期間:2008/03/23~2017/03/19

血統の傾向

種牡馬はデータが少ない中でも実績を残しているステイゴールド産駒に注目。

血統データ(種牡馬)
種牡馬成績(勝率/連対率/複勝率)
ステイゴールド3-2-0-2(42.9%/71.4%/71.4%)
ハーツクライ2-2-0-4(25.0%/50.0%/50.0%)
ディープインパクト1-1-1-2(20.0%/40.0%/60.0%)
ヤマニンセラフィム1-0-2-0(33.3%/33.3%/100.0%)
フレンチデピュティ1-0-1-0(50.0%/50.0%/100.0%)
エルコンドルパサー1-0-0-7(12.5%/12.5%/12.5%)
ホワイトマズル1-0-0-1(50.0%/50.0%/50.0%)
ジャングルポケット0-1-0-8(0.0%/11.1%/11.1%)
ゼンノロブロイ0-1-0-2(0.0%/33.3%/33.3%)
ネオユニヴァース0-1-0-0(0.0%/100.0%/100.0%)

集計期間:2008/03/23~2017/03/19