ヴィクトリアマイル(2019)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

古馬牝馬による春のマイル女王決定戦「ヴィクトリアマイル」がいよいよ開催されます。昨年は8番人気のジュールポレールが優勝し、一昨年は6番人気のアドマイヤリードと11番人気のデンコウアンジュが1,2着に入線するなど、近年は波乱傾向が強い一戦となっている同レースですが、果たして今年はどうか?今回は過去10年間のデータをもとにヴィクトリアマイルの傾向を探っていきたいと思います。

■「1番人気」以外の上位人気は不振、波乱傾向は強め

「1番人気」は最多の3勝を挙げ、連対率60%とまずまずですが、「2番人気」は1勝のみ、「3番人気」は0勝と、1番人気以外の上位人気の勝率は低めです。複勝率ベースでは「1番人気」を除けば、3着3回の「7番人気」が複勝率50%、2着2回の「11番人気」が複勝率40%と下位人気が高めとなっております。配当は、過去10年で10万馬券以上が4回、そのうち1回は2070万馬券という超高額配当で、一昨年も91万馬券が飛び出すなど高額配当が目立ちます。波乱傾向は非常に強い一戦と見て良いでしょう。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気3304
2番人気1018
3番人気0127
4番人気1009
5番人気1018
6番人気1018
7番人気1135
8番人気1108
9番人気00010
10番人気00010
11番人気1216
12番人気0208
13番人気00010
14番人気00010
15番人気00010
16番人気00010
17番人気00010
18番人気0017
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍2101
2.0~2.9倍0001
3.0~3.9倍1101
4.0~4.9倍1113
5.0~6.9倍0116
7.0~9.9倍10011
10.0~14.9倍21413
15.0~19.9倍2015
20.0~29.9倍10117
30.0~49.9倍04027
50.0~99.9倍01130
100.0倍以上00133
馬単/三連単データ
馬単三連単
20096,410円80,580円
20102,780円85,770円
2011740円3,620円
201210,720円75,320円
201312,600円193,570円
201428,050円407,940円
201573,990円20,705,810円
20169,790円48,310円
201773,750円918,700円
201811,730円63,640円
該当馬1番人気(下記「オッズ予想」を参考)
ラッキーライラック

オッズ予想

下記のオッズ予想は登録馬の独自のオッズ予想になります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

オッズ予想
人気馬名オッズ予想
1ラッキーライラック3.6
2アエロリット4.0
3ミッキーチャーム5.1
4レッドオルガ6.7
5プリモシーン8.9
6カンタービレ12.5
7ソウルスターリング16.3
8デンコウアンジュ20.2
9フロンテアクイーン26.4
10ノームコア30.7
11レッツゴードンキ34.1
12アマルフィコースト36.0
13クロコスミア46.9
14サトノワルキューレ72.6
15ミエノサクシード80.3
16ワントゥワン116.1
17サウンドキアラ186.3
18メイショウオワラ213.0
19キャナルストリート263.8

■「内枠やや優勢」&「差しが届きやすい」

コースは東京競馬場の芝1600mを使用。枠番は、「3枠」と「6枠」が最多の3勝を挙げており、勝率と連対率が同率トップです(いずれも15%)。複勝率ベースでは、勝利数こそ0ですが2,3着の回数が最多の「1枠」が複勝率30%でトップとなっております。内外の有利不利は少なめですが、複勝率ベースでは「1~3枠」が全て複勝率20%を超えているのに対し、「6~8枠」は全て10%台となっており、内枠がやや優勢といった感じです。

脚質は、「差し馬」が最多の6勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。しかし、好走率ベースでは「逃げ・先行馬」に全て劣っており、前で競馬をする馬の成績も決して悪いわけではありません。マイルとしてはタフなコースで、他のコースに比べると後方馬もかなり馬券に絡んでくるので、差しは届きやすいというのがおおまかな傾向です。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠02414
2枠11216
3枠30116
4枠02018
5枠02117
6枠30017
7枠21124
8枠12126
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ1027
先行34326
差し64265
追い込み02350
マクリ0000
該当馬差し馬候補
レッドオルガ
プリモシーン
カンタービレ
デンコウアンジュ
フロンテアクイーン
ノームコア
レッツゴードンキ
サトノワルキューレ
ミエノサクシード
ワントゥワン
サウンドキアラ
キャナルストリート

■馬体重は「-3~+3kg」に注目

馬体重は、4勝を挙げ、3着内の回数が最多の「-3~+3kg」に注目。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg0019
-9~-4kg41232
-3~+3kg44669
+4~+9kg02125
+10~+19kg0209
+20kg~0002
不明・初出走・未更新2102
今回減42563
同体重32126
今回増15457

■「4歳馬」が好成績

年齢は、「4歳馬」が最多の5勝を挙げており、3着内の回数も最多です。3着内に入った30頭中25頭は「4~5歳馬」で、4歳馬と5歳馬が中心となります。所属は、「関西馬」が最多の8勝を挙げており、3着内の回数も最多です。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
4歳57370
5歳32547
6歳11224
7歳以上1007
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦22357
栗東88791
地方0000
外国0000
該当馬4歳馬
アマルフィコースト
カンタービレ
サウンドキアラ
サトノワルキューレ
ノームコア
プリモシーン
ミッキーチャーム
ラッキーライラック

■前走が「阪神牝馬S」だった馬が中心

前走レースは、最多の4勝を挙げ、3着内の回数も最多の「阪神牝馬S」に注目。前走着順は、「2着」と「5着」が最多の2勝を挙げており、3着内の回数は「2着」が最多で、好走率ベースでは「5着」が勝率(25%)、連対率(25%)、複勝率(37.5%)の全てでトップです。前走「6着以下」だった馬も5勝しており、3着内も10頭と多いので、前走掲示板外に敗れた馬でも巻き返しは十分と考えて良さそうです。

前走データ
前走1着2着3着4着以下
阪神牝馬S(G3)44355
中山牝馬S(G3)11210
大阪杯(G2)※1112
高松宮記念(G1)10111
マイラーズC(G2)1005
ドバイシーマC(G1)1001
ドバイデビューティF(G1)1000
福島牝馬S(G3)02231
ドバイワールドC(G1)0101

※2017年にG1昇格後は、同レースへは未出走。

前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
1600万下0019
オープン特別0003
G314452
G265467
G110113
海外2102
地方0002
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着02331
2着21321
3着0138
4着11010
5着2015
6~9着32040
10着以下23033
該当馬前走が阪神牝馬Sだった馬
ミッキーチャーム(1着)
アマルフィコースト(2着)
ミエノサクシード(3着)
クロコスミア(5着)
カンタービレ(6着)
レッドオルガ(7着)
ラッキーライラック(8着)
サトノワルキューレ(9着)
ワントゥワン(14着)

■騎手は「内田博幸」、「戸崎圭太」、「横山典弘」が好成績

騎手は、2勝ずつ挙げている「内田博幸」、「戸崎圭太」、「横山典弘」が好成績。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
内田博幸2105
戸崎圭太2004
横山典弘2006
蛯名正義1206
武豊1106
幸英明1010
C.ルメール1003
岩田康誠0115
C.ウィリアムズ0103
浜中俊0106

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬該当騎手の騎乗予定馬
サトノワルキューレ(内田博幸)
クロコスミア(戸崎圭太)
アエロリット(横山典弘)