東京新聞杯(2020)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

今週の東京日曜メインは春のマイルG1へと繋がる一戦「東京新聞杯」です。安田記念やヴィクトリアマイルと同じコースで行われる上半期唯一の古馬重賞ということでG1戦線を戦ってきた馬たちの参戦が多く、レベルの高いレースが例年繰り広げられます。ということで、今回は過去10年間のデータをもとに東京新聞杯の傾向を探っていきたいと思います。

■「1番人気」がとにかく不振

2007年以来「1番人気」は勝てておりませんでしたが、昨年ようやく勝利を挙げ、12年ぶりに1番人気が勝利しました。最多勝利は3勝を挙げている「3番人気」で、連対数と3着内の回数は「5番人気」が最多となっております。「10番人気以下」は3着が1回のみで穴馬はほとんど絡みませんが、「7~9番人気」は1・2着が2回ずつとそこそこ連対しているので、人気薄を狙うならこのあたりまでの人気馬が良さそうです。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気1126
2番人気2026
3番人気3106
4番人気0127
5番人気2314
6番人気0217
7番人気0118
8番人気2008
9番人気0109
10番人気00010
11番人気0018
12番人気0009
13番人気0009
14番人気0009
15番人気0007
16番人気0006
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0010
2.0~2.9倍1001
3.0~3.9倍0013
4.0~4.9倍1127
5.0~6.9倍4218
7.0~9.9倍1228
10.0~14.9倍13215
15.0~19.9倍1005
20.0~29.9倍1107
30.0~49.9倍01020
50.0~99.9倍00120
100.0倍以上00025
馬単/三連単データ
馬単三連単
20102,040円14,840円
201119,310円97,600円
20129,830円65,040円
20132,670円16,490円
201416,010円96,300円
201521,360円155,940円
20169,880円353,160円
20175,190円15,460円
20184,430円27,390円
20192,840円18,190円
該当馬 1番人気
  • レッドヴェイロン(下記「予想オッズ」を参考)

予想オッズ

下記の予想オッズは登録馬の独自予想オッズになります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

予想オッズ
人気馬名予想オッズ
1レッドヴェイロン2.5
2ヴァンドギャルド4.3
3プリモシーン5.9
4レイエンダ7.0
5サトノアーサー10.2
6クリノガウディー14.9
7ケイデンスコール18.9
8シャドウディーヴァ21.0
9ケイアイノーテック29.3
10ブレスジャーニー31.5
11キャンベルジュニア45.2
12ドーヴァー52.3
13プロディガルサン59.6
14クルーガー63.7
15モルフェオルフェ74.1
16スウィングビート90.7
17ロワアブソリュー143.4
18ゴールドサーベラス198.2

■「内枠」&「差し」が好成績

コースは東京競馬場の芝1600mを使用。枠は「3枠」と「4枠」が最多の3勝ずつを挙げており、連対数は「2枠」と「3枠」が最多で、3着内の回数は「4枠」が最多となっており、内枠が好走傾向にあります。「5~7枠」までは勝ち馬が出ておらず、とくに勝ち馬は真ん中から内の枠から出やすい傾向にあります。

脚質は「差し」が最多の5勝を挙げており、連対数と3着内の回数も最多です。東京の1600mは3コーナーの入りに下り坂があり、コーナーで一息入れる事が難しく、またゆったりとした流れにもなりにくいので最期まで前で粘るにはかなりのスタミナが必要となります。開幕間もないこの時期は高速馬場の影響でバテずに粘り切るケースも少なくありませんが、速い上がりを使えて瞬発力のある馬にとって相性の良い舞台となっております。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠11312
2枠23012
3枠32014
4枠31213
5枠01117
6枠01216
7枠01118
8枠10117
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ2107
先行32425
差し54444
追い込み03243
マクリ0000
該当馬 差し馬候補
  • レッドヴェイロン
  • ヴァンドギャルド
  • プリモシーン
  • レイエンダ
  • サトノアーサー
  • クリノガウディー
  • ケイデンスコール
  • シャドウディーヴァ
  • ケイアイノーテック
  • ブレスジャーニー
  • ドーヴァー
  • プロディガルサン
  • ロワアブソリュー
  • ゴールドサーベラス

■馬体重の増減が「-9~-4kg」だった馬に注目

馬体重の増減は、4勝を挙げ、連対数が最多の「-9~-4kg」に注目です。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg00012
-9~-4kg44224
-3~+3kg24541
+4~+9kg41329
+10~+19kg0009
+20kg~0104
不明・初出走・未更新0000
今回減55352
同体重11412
今回増44355

■「4歳」が好成績

年齢は、最多の5勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「4歳」に注目です。性別は基本的には「牡馬」が中心となりますが、「牝馬」も3勝を挙げて善戦しており、いずれも3・5・8番人気と上位人気でなくとも勝ち星を挙げれており、侮れません。所属は「栗東」が6勝しており、関西馬がやや優勢です。

馬齢データ
馬齢1着2着3着4着以下
4歳54326
5歳14627
6歳41029
7歳01128
8歳以上0009
性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬31010
牡馬7910109
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦43356
栗東67763
地方0000
外国0000
該当馬 4歳馬
  • クリノガウディー
  • ケイデンスコール
  • シャドウディーヴァ
  • ヴァンドギャルド

■前走レースが「ニューイヤーS」だった馬に注目

前走レースは、「エリザベス女王杯」が最多の3勝を挙げておりますが、今年は同レースから来る馬がいないため、2勝を挙げて連対数と3着内の回数が最多の「ニューイヤーS」に注目したいと思います。前走着順は、最多の3勝を挙げ、連対数と3着内の回数が最多の「1着」に注目です。また、前走が「10着以下」だった馬からは勝ち馬が出ておりません。今年は前走が10着以下だった馬が5頭もいるので、1着の予想においては割り引いても良いかもしれません。

前走レースデータ
前走1着2着3着4着以下
エリザベス女王杯(G1)3001
ニューイヤーS(OP)23216
元町S(3勝クラス)2002
京都金杯(G3)12329
阪神C(G2)1048
マイルCS(G1)10013
キャピタルS(OP)0205
中山金杯(G3)0113
ターコイズS(G3)0101
菊花賞(G1)0100
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
3勝クラス2006
オープン特別25238
G314442
G210414
G141018
海外0001
地方0000
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着33117
2着2128
3着0029
4着0017
5着2229
6~9着33128
10着以下01141
該当馬 前走がニューイヤーSだった馬
  • プロディガルサン(12着)

■騎手は「福永祐一」に注目

騎手は、唯一2勝を挙げている「福永祐一」騎手に注目です。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
福永祐一2002
岩田康誠1113
蛯名正義1105
横山典弘1026
武豊1011
三浦皇成1007
石橋脩1004
吉田隼人1003
M.デムーロ1000
柴山雄一0211
内田博幸0105

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬 福永祐一騎手の騎乗予定馬
  • ヴァンドギャルド