皐月賞(2019)の予想オッズと過去データから傾向を分析!

いよいよ牡馬クラシック第1弾「皐月賞」が始まります。昨年は7番人気のエポカドーロが優勝し、2,3着にも人気薄が絡んで波乱の決着となりました。一昨年も9番人気のアルアインが優勝し、3着には12番人気のダンビュライトが入着するなど、近年は波乱の決着が目立つ皐月賞。果たして今年も波乱となるのか?今回は過去10年間のデータをもとに皐月賞の傾向を探っていきたいと思います。

■上位人気の勝率はそこまで、伏兵の台頭も

「1,3,4番人気」が2勝ずつを挙げており、いずれも勝率(20%)と複勝率(50%)が同じです。また、「7~9番人気」が1勝ずつを挙げており、「8番人気」は複勝率が50%と好成績。人気上位の勝率はそこまで高いというわけではなく、伏兵の台頭も少なくありません。とくにここ2年は波乱の決着が続いており、波乱含みの傾向。

人気データ
人気1着2着3着4着以下
1番人気2215
2番人気1306
3番人気2125
4番人気2125
5番人気00010
6番人気0109
7番人気1009
8番人気1135
9番人気1108
10番人気00010
11番人気0019
12番人気0019
13番人気00010
14番人気00010
15番人気00010
16番人気0009
17番人気0008
18番人気0008
オッズデータ
オッズ1着2着3着4着以下
1.0~1.9倍0001
2.0~2.9倍1112
3.0~3.9倍1504
4.0~4.9倍1010
5.0~6.9倍2016
7.0~9.9倍11110
10.0~14.9倍2108
15.0~19.9倍00211
20.0~29.9倍11212
30.0~49.9倍10121
50.0~99.9倍01127
100.0倍以上00043
馬単/三連単データ
馬単三連単
200918,390円390,930円
20101,920円35,220円
20113,740円55,450円
20123,190円12,620円
20131,750円5,920円
20141,900円33,490円
20151,530円12,360円
201617,680円70,390円
201720,720円1,064,360円
201823,570円372,080円
該当馬1番人気(下記「オッズ予想」を参考)
サートゥルナーリア

オッズ予想

下記のオッズ予想は登録馬の独自のオッズ予想になります。正式オッズは馬券発売後に随時公開されますので、必ず主催者発表のものと照合しご確認ください。

オッズ予想
人気馬名オッズ予想
1サートゥルナーリア1.8
2ダノンキングリー4.1
3アドマイヤマーズ5.6
4ヴェロックス8.4
5ニシノデイジー16.5
6ファンタジスト21.6
7アドマイヤジャスタ28.1
8シュヴァルツリーゼ30.3
9サトノルークス36.9
10メイショウテンゲン42.5
11エメラルファイト60.2
12ブレイキングドーン63.8
13ラストドラフト74.1
14クラージュゲリエ78.6
15ランスオブプラーナ82.5
16クリノガウディー96.3
17タガノディアマンテ138.7
18ナイママ215.2
19ダディーズマインド263.7

■「外枠」&「差し馬」に注目

コースは東京競馬場の芝2000mを使用。枠番は、内枠の「1,2枠」が1勝ずつなのに対し、外枠の「7,8枠」が2勝ずつを挙げ、2着も2回ずつと、連対率や複勝率ベースで見ても外枠がやや優勢です。脚質は、最多の7勝を挙げ、3着内の回数も最多の「差し馬」に注目。

枠番データ
枠番1着2着3着4着以下
1枠10016
2枠12015
3枠01116
4枠21114
5枠01215
6枠10314
7枠22120
8枠22120
脚質データ
脚質1着2着3着4着以下
逃げ00111
先行23421
差し73360
追い込み03138
マクリ0000

※上記の「枠番データ」・「脚質データ」は、東京競馬場で行われた2011年を除く過去9回分のデータとなります。

該当馬差し馬候補
アドマイヤジャスタ
エメラルファイト
クラージュゲリエ
クリノガウディー
シュヴァルツリーゼ
タガノディアマンテ
ニシノデイジー
ブレイキングドーン
メイショウテンゲン

■馬体重は「-3kg~+3kg」に注目

馬体重は、最多の7勝を挙げ、3着内の回数が最多の「-3kg~+3kg」に注目。

馬体重増減データ
馬体重増減1着2着3着4着以下
~-20kg0000
-19~-10kg0215
-9~-4kg35356
-3~+3kg73362
+4~+9kg00319
+10~+19kg0003
+20kg~0000
不明・初出走・未更新0000
今回減58575
同体重51228
今回増01342

■「関西牡馬」が中心

「牝馬」の出走はほとんどなく、「牡馬」が中心となります。所属は、勝率ベースでは差はありませんが、3着内の回数は「関西馬」が圧倒的で、連対率(13.7%)と複勝率(20.5%)は関西馬が優勢。

性別データ
性別1着2着3着4着以下
牝馬0002
牡馬101010143
所属データ
所属1着2着3着4着以下
美浦40252
栗東610893
地方0000
外国0000

■前走が「スプリングS」だった馬に注目

前走は、4勝を挙げ、3着内の回数が最多の「スプリングS」に注目。前走着順は、8勝を挙げている「1着馬」が中心です。

前走データ
前走1着2着3着4着以下
スプリングS(G2)41237
共同通信杯(G3)4017
弥生賞(G2)15332
毎日杯(G3)10010
若葉S(OP)03120
アーリントンC(G3)0102
京成杯(G3)0023
きさらぎ賞(G3)0018
すみれS(OP)0009
前走クラスデータ
前走1着2着3着4着以下
500万下0007
オープン特別03130
G351437
G256571
G156571
海外0000
地方0000
前走着順データ
前走着順1着2着3着4着以下
1着85452
2着23226
3着00221
4着0208
5着0006
6~9着00221
10着以下00011
該当馬前走がスプリングSだった馬
エメラルファイト(1着)
ファンタジスト(2着)
タガノディアマンテ(4着)
クリノガウディー(6着)

■騎手は「岩田康誠」に注目

騎手は、2勝を挙げ、3着内の回数が一番多い「岩田康誠」に注目。

騎手データ
騎手1着2着3着4着以下
岩田康誠2114
M.デムーロ2103
蛯名正義2005
内田博幸1025
戸崎圭太1005
池添謙一1003
松山弘平1000
福永祐一0306
川田将雅0204
藤岡佑介0105

※現役騎手のみを表示しております。

該当馬石神深一の騎乗予定馬
アドマイヤジャスタ